モグワンドッグフードの異物混入問題の全容とその後について

モグワンドッグフードの異物混入について

 

モグワンドッグフード異物混入しているとSNSで話題になったのが、2018年8月初旬ごろの事です。

 

モグワンの販売元である株式会社レティシアンから正式に異物混入の件について発表されたのが2018年8月10日。

 

人気のドッグフードに何が起きていたのか?

 

異物混入の経緯の全容とその後についてご紹介いたします。

 

モグワンドッグフードの異物混入について

 

SNSの情報を辿っていくと2018年8月に購入者から公式サイトが正式アナウンスを出す前に、異物混入に対する情報が流れ始めていました。

 

 

 

異物が混入した経緯について

 

モグワンドッグフードで異物混入した製品はイギリスの工場で2018年4月1日に製造されたもの。

 

製造したドッグフードを袋詰めする前に保管されている大型格納容器「バルクビン」に問題があったようです。

 

バルクビンの内側の青い塗料がモグワンに付着するという問題が発生。

 

直ちにバルクビンの回収と交換が行われて、中に入っていたドッグフードも検査を実施することになりましたが、一部検査に回されずに漏れがあったため、通常の製品に混ざって青い塗料が付着したドッグフードが袋詰めされてしまったことが異物混入の原因でした。

 

 

愛犬への健康被害や影響について

 

異物混入した青い塗料の成分は「ポリエステル」でした。

食べたからといってすぐに危険となる健康被害は出ないとしているものの、消化器官への負担がかかる可能性はあるとのこと。

 

嘔吐や下痢などの症状が出る場合もあるようなので、食べさせてはいけない事が分かりました。

 

万が一食べた場合は、体内で「ポリエステル」を消化できないので、便と一緒に排泄されることになるそうです。

 

とはいっても、健康に影響がでそうなので心配になりますよね。

 

会社の対応について

 

異物混入が疑われる製品が送られた購入者へはすでに代替品が発送されているとの事です。

 

しかし、仮に異物混入のあるモグワンを発見した場合は、速やかに食べさせるのを止めて公式サイトへ連絡を入れるようにして下さい。

 

モグワンに関する問い合わせ先

TEL 0570-200-012 
受付時間 平日 11:00〜18:00
定休日 土・日・祝日

 

異物混入の正式発表に3週間程度かかった原因とは

 

購入者からの問い合わせでモグワンドッグフードに異物混入があった事が分かったようですが、7月の下旬ごろには最初の問い合わせがあったようです。

 

その間、購入者から商品を返送してもらい調査機関とイギリスの製造工場へ調査を依頼。

 

調査の結果から、ドッグフードの袋詰め作業に移る前に格納しておく大型容器(バルクビン)の内部に青い塗料が付着したことが判明しました。

 

このような内部調査が行われ、結果が判明するまでに時間を要したことから正式発表までに時間が掛かってしまったようです。

 

信頼回復に向けて取り組み

 

モグワンの安心・安全への対応と信頼回復に向けて以下のような対応策が発表されています。

  • 工場すべてのバルクビンの点検
  • バルクビンの塗料が剥がれないように改良を予定
  • 工場設備・機器・備品の点検項目・および点検頻度の見直し
  • 不具合が発覚した際の原因究明と影響範囲の特定の迅速化と報告

 

発表された内容はどちらかといえば、製造工場に関するものが多く見受けられますが、さらに要望するなら消費者への速やかな情報開示や注意喚起を実行してほしいものです。

 

問題が起きた時にこそ会社の本当の価値が問われてくると思いますので、是非同じ過ちが発生しない事を祈るばかりです。

 

まとめ

 

モグワンドッグフードは健康を気遣う飼い主に人気の商品です。

 

だからこそ会社やドッグフードへを信用して購入している飼い主の方が大勢いると思いますので、ドッグフード作りと同じように飼い主の方へ寄り添う姿勢を期待したいところです。

 

現在は問題が収束しており、異物混入されている商品が送られてくることはありません。

 

公式発表で示された対応策が着実に行われて、今後はこのような問題が起きない事を切に願います。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 

モグワンの口コミに潜む真実!悪評・ステマ・感想の見極めポイント!

 

【モグワン】お問い合わせ先・電話番号はこちら|株式会社レティシアンとは

 

モグワンドッグフードの賞味期限は短い!酸化の危険性と保存方法とは

 

page top